よくある質問②質預かりと買取とどう違うの?査定額に違いはあるの?

今日は「質預かり」「買取」の違いについてお話します。




「質預かり」は、お客様からお品物をお預かりして、その査定の範囲内

でお金をお貸しするものです。


期限は3か月(延長もできます)で、期間内に元金と質料をお持ちいただければ、お客様にお品物をお返します。


品物を売りたくないけど、資金が必要だという方にご利用いただく方法です。



では、「買取」はというと、文字通り、こちらで買い取ってしまうので、買取成立後はお品物を取り戻すことは一切できません。



では査定額はどうなるかというと、「買取」のほうが高くなります。



というのも、「質預かり」は少なくとも3か月は当店としても置いておかないといけないので、相場変動もあるからです。特に発売したばかりの電化製品などは査定額に大きな差が出ることもあります。逆に比較的相場変動の少ない商品は、それほど査定額に差は出ません。



ですので、そのお品物がもう不要で、高値で手放したい場合は、「買取」をご利用いただいたほうがいいですね。



どっちにするか迷っていて、でも資金が必要な場合は、「質預かり」をご利用してください。3か月考える時間の余裕が出来ますので。



この他詳しくは店頭にてお尋ねください。



みなさまのご来店お待ちしております。



DSC_1047

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*